自分で種から育てた猫草(えん麦)を庭に植えたら…

えん麦の種子

以前購入した猫草(えん麦)の種です。その時の記事はこちら

ペットボトルで作った自作プランターでもう何度も種から育てては与えを繰り返しているのですが、猫たちが食べ終わった状態のえん麦を庭に植えると

種から育てた猫草を庭に植えたら・・・

こんな感じで何故かまた新しい草が生えてきてスクスクと成長します。

えん麦って雑草扱いの草のようですから流石に凄い生命力と言ったところでしょうか。

もちろんここまで育ってしまうと収穫しても猫たちには与える事は出来ません。

葉っぱが硬いから、最悪猫の胃とかを傷つける恐れがあるそうなので。

猫たちが食べ終えた状態のえん麦

ちなみに食べ終えた状態の猫草がこんな感じです。

今現在は500mlのペットボトル(伊藤園の烏龍茶のボトルが硬いのでそれを使っています)を切り抜いて作ったプランターを使用して猫草を育てているので、スポっと取り出して、これを庭に植えます。

自宅の庭の猫草エリア

こんな感じで自宅の庭に「猫草エリア」が(一部違う植物も植えてあります)…。

これ全部上の写真のようなもう殆ど収穫して猫たちに与えた状態で庭に植えたらまた生えてきた猫草たち。

最終目標としては、このまま育てて種を収穫し、えん麦の種を買わずにエンドレスで猫草育て続ける事です(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください