自宅で猫草(えん麦)を育ててみることに

猫草(えん麦)を自宅で育ててみることに

猫が大好きな猫草(えん麦、エンバク、燕麦)の種です。普段はチャームというネット通販サイトから猫草そのものを注文しているんですけど、いっその事自分で育てられないかと考えまして。自分で種から育てればこっちの都合でいつでも収穫して与える事もできますから。

うちは4匹全員が猫草大好きなので、沢山育てたいから種1kgを2袋購入。

種が小さいだけに、1kgってかなりの量でした。

えん麦の種子

この種子は薬剤無処理で、ワンちゃんでもうさぎとかでもOKみたい。

冷暗所に密閉保管すれば5年くらい使えますとの事。

購入先はたまごやってところです。楽天にも日光種苗ってところが取り扱っているのですが、たまごやさんの方が送料を含めた金額が安かったので。

銀行振込したら翌日には発送してくれました。

購入金額は種1kgが895円×2袋に送料480円で合計2kgで2,270円。

猫草の燕麦の種は水に浸す

種は袋に書かれている通り水に浸しました。ネットで情報収集すると、水に浸した方が発芽率も上がるみたい。

猫草はペットボトルで育てます

猫草はペットボトルでベランダで育てる事に。

ペットボトルの底は水はけを良くするために穴を開けました。

猫ちゃん1、2匹で少量でいいならペットボトルは立てた状態で使えば良いでしょうが、4匹いるからこのくらい一度に作らないとうちは足りません。

土は家の庭の土を使いました。

以前チャームから購入して食べ終えた猫草を植えたら凄まじく伸びて種まで採れた場所の土だから多分大丈夫かなとは。

現時点では種はまだ水に浸した状態のままで明日植える予定です。変化が出てきたらまたご報告してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください