安全な猫砂ワールドベストキャットリッターをやめた2つの理由

安全な猫砂「ワールドベストキャットリッター」をやめた2つの理由

猫のために安心で安全な猫砂を探し求めてきた末に辿り着いたひとつの答えだったアメリカの猫砂「ワールドベストキャットリッター」でしたが、今回完全にやめることにしました。

ワールドベストキャットリッターとは?

この猫砂は以前書いた通りで、キャットフードの原料としても使用されるトウモロコシから作られる猫砂で、少量なら猫が食べてしまっても安心というまさに理想的な猫砂。

しかも小粒で砂っぽいから、よく埋めたがる猫に好評でした。

猫たちも気に入って使っていたので長らく買っていましたが、今回完全にやめることにしました。

理由は以下の2つ。

取り扱い終了っぽい

この猫砂を唯一輸入販売しているのが本間アニマルメディカルサプライというネット通販を行なっている動物病院。

この本間アニマルメディカルサプライの販売サイトを見るとなんと取り扱いが終了になっていました

この猫砂は3種類あって、いつも使っている緑の袋の猫砂が長期間入荷しないからおかしいなとは思っていましが、何のアナウンスもなく(メルマガとかではあった?)そのまま終了したようです。

以前いつになったら入荷するのか問い合わせましたが、それに対する返事もありませんでした

この「本間アニマルメディカルサプライ」日本最大級の獣医科医院で全国に系列動物病院を展開をしている相当なやり手企業のよう。

売れない物をわざわざ輸入してまで売る気は無いんでしょう。

金にならない事はしないのは企業としては正しい判断。でも少数だとしても愛用している人達が全国にいるわけですから、動物病院を経営している企業としての倫理観はどうなのよ?

MEMO
本間アニマルメディカルサプライは楽天100%子会社の爽快ドラッグに事業譲渡されたそう。

やっぱり安全じゃ無いかも?

カーネルコーン(穀粒)を利用した100%ナチュラルなものです。

猫砂自体は原料がトウモロコシだから安全だと思います。

なんせ虫が湧いたりしますから。

虫がつくって事はそれだけ安心な証拠でしょう。

ただし、以前レビューした通り、この猫砂は粉立ちが凄すぎで、猫がトイレに入る度、糞尿を埋めるのに砂をかいているうちに微粉末になってしまい、その微粉末状になった猫砂が猫の毛に付着してしまいます。

猫砂が新しい間は全く問題ないと思うのですが、猫が糞尿を繰り返していくうちに猫砂自体も少なからず汚れてしまいますから(糞尿した部分を完璧に取り除けるなら別ですが)汚れた猫砂の微粉末が猫の毛につき、それを毛繕いで舐めたりしてしまって、結局はあまりよくないんじゃないかと考えるようになりました。

特にもの凄く猫砂を掘り返して用を足す猫の場合はかなり猫砂がついてします。これはうちの黒猫のジジで確認済み。

DSC08065

わざわざふるいを購入してこまめに微粉末を掃除してやっても結局猫についてしまっていたから、やっぱりダメだなと。

そんな理由でこの猫砂はやめて、今はキャッツエコ1本に絞ってますが、これもなんだかなぁ…。こっちの猫砂の話はまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください